の情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ふとネットサーフィンをしてたら、
スキャのブログに出会いすっかり見入っています。

とても魅力的ですね。


自分も真似できないか、同じインディケータを出してみたり、
いろいろ真似しています。


もともとポジションをあまり長い時間持ってることが苦手なので、
スキャが一番惹かれるんですけどね。


しばらくハマりそうです。



そんな感じです。
昨日の大暴落から今日は何事もなかったように全戻ししてます。

米の救済策が否決された悲壮感から、
再議決されそうな期待感でV字ということらしいです。

あまり、相場と関係ありませんが、
今回の否決は米が選挙間近ということで、
世論を意識して否決にしたというニュースを見ました。

どこの国も同じようなことをしてるんですね。

やっぱり自分たちの未来には希望は持てませんね。


ま、相場とは関係ありませんので愚痴はこの辺で。





10月に入りました。

相場という世界に身を投じて何年経ちましたか、
勝ち組という言葉とは随分かけ離れた場所に来てしまいました。

年数ばかり経ちますが、それでもまだ雲をつかむような感覚が取れず、
安定的なプラスも程遠い状態です。

ただ、相場という世界自体が雲をつかむようなものなので、
いくら勉強してもこの感覚は取れないということが長い年数でわかりました。

しかし、安定的という状態までいくには少しピースが足りません。
それはわかりますが、座学での限界も感じてます。


デモで少し確率を検証しながらやらないといけませんね。



そんな感じです。
クロス円、ダウは大暴落。
ドルストレートはドル高。

大変な値幅になりました。

自分はスキャのブログで面白いのをみつけてしまい、
それに夢中になってたら乗り遅れてしまいました。

でも、だいぶINのタイミングがわかって来た気がします。


先日の日記にも書きましたが、
トータルでプラスになるようなトレードスタイルを築かなければいけないので、
ちょっと、デモで試してみないといけませんかね。

もしくわ、1000単位で1つずつやってみましょうかね。



昼に下がりましたが、今は売り一巡の後の利食いでもうかなり上昇してます。
でも、このV字はちょっと捕らえにくいので、
最初にショートできなかった時点で今回は失敗ですので、
この後もう一段ショートできる場面がなければ、少し様子見したいと思います。




そんな感じです。
まだまだ自分の相場予想に自信がもてないので、
諸先輩方の予想に流されてしまいますね。

いけませんいけません。。。


でも、だいぶ、わかりかけてきましたよ。


今日はちょっとスキャのブログで楽しいのを見つけてしまったので、
そっちに夢中になってます。




スキャもやっぱりやってみたいですよね。



なので、短い日記です。




そんな感じです。
トレードを100%成功させることは不可能です。

なので、トータルでプラスになってることが重要になってきます。

たとえば機械的に利益の1/2で損切りするとすると、
4勝6敗でもプラスになる計算になります。

要はそういうことですよね。



利益を+50pips 損失を-25pipsとした場合


10勝0敗 50*10+25*0=+500pips
9勝1敗 50*9+25*1=+425pips
8勝2敗 50*8+25*2=+350pips
7勝3敗 50*7+25*3=+275pips
6勝4敗 50*6+25*4=+200pips
5勝5敗 50*5+25*5=+125pips
4勝6敗 50*4+25*6=+50pips
3勝7敗 50*3+25*7=-25pips
2勝8敗 50*2+25*8=-100pips
1勝9敗 50*1+25*9=-175pips
0勝10敗 50*0+25*10=-250pips


そんな感じです。
この題は、未だに結論が出ていません。

ただ、今までの経験から一つ思うことは、
詰まるとこないんじゃないかという別の結論に行きつこうとしています。

要は100%成功するタイミングはないといことです。


だから、INする前に、

このINは正しいのか・・
マイナスになったらどうしよう・・
ダメかもしれない・・

とかいう類いの感覚は結局無意味であり、
いくら考えたとしても答えはでません。

時には、その迷いからINしなかったために、
マイナスを逃れホッとしたこともあるでしょう。

でも、大きな利益も逃して悔しい思いをしたことも、また多々あるでしょう。


トレードをしても±どちらかに進む確率は5割だとすると、
トレードしてないわけだから損失も0という見方もできますが、
機会損失はできるだけ少ない方はいいと思います。

マイナスは必ず出ます。


トータルでプラスになる売買手法、要はIN、OUTのタイミング、
これを割り切って実行できないとダメなんですよね。


自分はまだまだ修行が足りないようです。

そんな感じです。



相場の中にいて、安心できる場所はありません。

水の中で必死に息を止めてるのと同じです。
逃げたかったらポジションを捨てるしかありません。



利益が乗ってても恐いし、損失が出ていても怖い。


息を止めていられる時間は人によって違います。
いつまでも大丈夫な人もいれば、
すぐに酸欠になる人もいます。

自分もそうです・・・。


ポジションを閉じるときの理由が苦しいから・・という人は負けます。



さて、どれだけ冷静に息を止めていられるか。

昨日の日記とも繋がりますが、
酸素がなくてもブレナイことが大事になります。


自分も早くそんな領域に達したいです。




そんな感じです。
メンタルとは詰まるとこ、
どれくらいのポジションなら鬼ホできるかということなんですけど・・。

先日は資金管理とポジション量について勝手に書きました。

以前の日記にも書いてますが、
今日は売買タイミングについて改めて勝手な妄想したいと思います。
わたくしの勝手な思い込みです・・。


FXは1割が勝ち組9割が負け組と言われています。
ですが、多少過剰表現が入ってるとしても、
勝ち組が1割というのは異常な感じがしませんか?
自分はします。

少なくともパチンコやギャンブルのように、
店側がコントロールしてるならともかく、
未来のわからない50%50%の↑↓の確率なら、
コインの裏表と同じで、
回数をこなせばこなすほど確率は5割に近づくはずなんです。
でも、1割しか勝てない・・。
理屈が合いません。


そこで、素直なへ理屈を考えると、


「1割の人が自由に相場を動かしてる」


という発想に落ち着きます。わたくしの勝手な想像ですよ。


当然、相場を動かすということはお金がいります。
なので言い方を変えると、1割の金持ちが、
9割の一般ピープルを食い物にしてるということです。

もう少し言うと、
一般人の普通の考え方で相場に臨むと食い物にされるということです。

ま、「普通」の定義というのも難しいんですけど・・。
簡単に言うと、普通人が買いたいと思う時に買って、
売りたい時に売ったら負けるということです。

1大きな変化はビビる
2過去の体験にとらわれる
3利益は早く確定したい。損切りがなかなかできない。
4勝率にこだわる
5儲け話にのりたくなる
6自分の方向性を変えるのがイヤ

このダメパターンを変えないといけません。

1変化は柔軟に
2過去にとらわれない
3損小利大
4勝率にこだわらず額にこだわる
5初動でのる
6自分を臨機応変に変える


言葉で言うのは簡単ですけどね。行動は難しいです。



でも、これができない自分は負け組を漂っています、はい。



次にポジションについての妄想ですけど、
1割の人は初動を起こしてると考えるとすっきりしませんか?
そして、それにのっかるのが普通人。

んで、なんせ、ポジションが多いですから、
普通人の買いがあるうちに売りさばく。

だから普通人のタイミングで買った人はババを引く。

対策としては、これのマネをすればいいんですけど、
このタイミングは普通人のメンタルではとても買えません。

なんせトレンドの初動で買うんですから。。。


でも、それが勝つ道だと思います。


だから、それができる余裕のポジション量でやらないとカモられると思うんです。

利益率のいい人はある意味軽くマヒしてるので、
全力投入でもメンタルがぶれずに地獄の門をくぐります。

この差です。


相場に対しての考え方が少し変わりませんか・・。



最後に、では、それができる適正なポジ量についてですが・・。

これは人によって違います。
心臓の毛の量と相談するしかないですよね。

平然と地獄の門をくぐって乱れない量です。



さて、自分はいつ負け組から脱出できるのか・・。
先はまだ暗いですね。

そんな感じです。
優れたトレーダーになる最も大事な能力。

それは、

「自分がブレないこと」


これに尽きると思います。



言葉で書くと簡単ですが、
どんだけ多い資金量、どんだけ追い込まれた場面でも、
読みがブレナイ・・
売買タイミングがブレナイ・・

ある意味、お金に対する感覚が欠落していないと到達できない領域だと思うんで、
自分も含めた普通人には難しいことなんですけど、
でも、この領域に達していないと相場では勝てません。







周りの空気が総悲観の中、自分だけはロングできますか?




そんな感じです。
負け組トレーダーの暗闇で散々もがいていますが、
テクニカルやファンダメンタルだけでなく、
なんか、いることいらないこと色々と考えてしまいます。


そして一つ思ったことは、
根本的に1個大きく間違ったことをしてるのではないか・・
諸先輩方の成功ブログを見てて自分もその気になってトレードしてましたが、
そもそも心の臓の毛の生え方が違うんですよね。

要はビビりだということです。



相場テストの有名な問題にこういうのがあります。
まず利益確定について・・。
今現在1000ドル賞金当選しました。これを元手に投資するとして2択
○確実な+500ドル
○50%の確率で+1000ドルだが50%の確率で1000ドルのまま。


別にもう1問。次は損失確定について・・。


今現在2000ドル当選ししました。これを元手に投資するとして2択
○確実な500ドルの損失
○50%の確率で1000ドル失うが、50%の確率で2000ドルのまま。


金額とか確率が多少違うかもしれませんが、
こういうテストを見たことがあると思います。

自分も断然利益は確実にし、損失は後回しにを選択します。
でも、これがいけないんですよね。


利益を伸ばして損失は確定する。
これが平然と行えるポジション量でトレードできるのが、
適正なメンタル状態だと思うんですけど、
この感覚が成功トレーダーと違うのに、
収支は同じようには当然なりません。

全力資金投入して平然と利益を鬼ホールドができないと、
プラス3桁の利益率とかにはなりません。
そして、含み損は多額でも躊躇なく切る。。。

自分のメンタル合ったポジション量における資金管理。

これができないと、
1割の勝ち組トレーダにはなれませんね。

なんとなく、そんなことを考えていました。



そんな感じです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。